巨大な成功を得ますけれども

 今日の地球の上で最金を儲けたのMMORPG《悪魔のけものの世界》と最も人気があるRTS《宇宙間がIIに覇権を争う》、それらの創造者暴雪会社の今までのところの発展の軌道は無数な人に神話に尊んでされます。しかしいわゆる“泥棒が肉を食べて泥棒がなぐられることを見るだけを見る”、たとえ粗暴な雪ですとしても、たくさんの人となりの知っている苦難に満ちている選択でないにも直面したことがあってことがある。RMT

ブリザードエンターテインメントの業務の最高経営責任者のマイク?莫漢は私達に教えて、《悪魔のけものの世界》と「スタークラフト」のこのようなゲームはすべて巨大な成功を得ますけれども、しかし粗暴な雪もやはりたくさんの事の上でどうしても取捨選択をしなければならなくて、あれらを切り落として望みがないプロジェクトを思われて、《たとえば宇宙間は覇権を争います 幽霊》。

“私達は必ず選択をしなければならなくて、何もすることがあり得ないためです。”マイク?漢は先週開催する一回の“革命を設計して探求を創造する”というシンポジウムの上で発言する時は言いません:“管理の方面の見方は、私達は複雑な専門ゲームが好きで、レジャーなミニゲームがも好きです。”

漢は引き続き釈明しません:私達は開発《悪魔のけものの世界》と《宇宙間がIIに覇権を争う》の時、《宇宙間は覇権を争います 幽霊》も製作の中で。《悪魔のけものの世界》のが前例のなくて盛んで私達に資源が統合する上に必ず取捨選択をしなければなりません。このような1種の環境の下で、《宇宙間は覇権を争います 幽霊》はこのようなプロジェクトは恐らく成功していません。”

幸運でので、決して全ての粗暴な雪の総裁のする決定ではないのがすべてやり遂げられます。漢が「スタークラフト」が発売すると言うことを漏らしない前夜、彼はゲームの内容の敏感なインターフェイスの設計を否決すていことがある、しかし最後ゲームのプロデューサーはやはりもとの方案を堅持しました。信長の野望 RMT

カテゴリー: RMT