ゲームの負けに対してただ米国気候風土になじまないだけか?

  今日の2つのニュースは鮮明な対比になって、一方でテンセントが去年第4四半期の財務報告を発表するので、財務報告は明らかに示して、テンセントの20104四半期の総合的な収入は人民元の55.242億元で、2009年の同時期に比べて49.8%増加します。その中のネットゲームの収入の27.861億元、前の四半期に比べて9.0%増加します。もう一つの辺がな外に仲人は、08年米国の有名なISPと提携します――米国タイムワーナーの子会社AOL、第3者のプラグインの形式の控えめな米国市場に入る10予算の余りQQゲームで、暗い下部と語っています。RMT
  これは突然私に半分ヶ月の前で北京が診断テンセントのフォーラムに参加する時の1幕を思い出させて、私達のこれらの多い主なを聞き終わってテンセントに関して開放的なむだ話をすることを独占すると後で覚えていて、テンセントのインターネットの業務の系統的な専務取締役の呉宵光は道の内容を応対して不注意で次の通りで、テンセントは一つの企業で、企業にして、インターネットの各領域がもし金を儲ける機会があるならばを見て、テンセントは見逃すことはできないのです!
  しかしもう一つの方面から言って、テンセントは実は決して研究開発と革新に優れていなくて、呉宵光ようなのが自分で率直で誠意があって、中国のインターネットの企業の自身はすべてシリコンバレーのアイデアを剽窃しているので、ただ書き写す朝晩はそれぞれ違います。これで1つの問題を出すことをはっきりと示して、国内で、テンセントはIMの強大さに頼って、直接そのゲームの製品のためにユーザーを持ってくることができて、しかしある国外、IMの強い勢いの地位がなくなって、テンセントのゲームはさらにどんな行為がありますか?
  実はこれは依然としてすべての産業の問題で、テンセントだけではなくて、その他のゲーム会社は海外の戦略を輸出して、すべてばつが悪いことにも直面しています。アイデアがないため、もし私の提出のゲームが欲求を革新するならば指摘したことを議論して、それはただ滞在してプレーヤーの欲求の方面の上を満足させるだけ。海外を輸出するロードマップはちょうど私達のオリジナルな力の欠乏の入れることを見ることができます。その他に1つ持って、《2009年に中国のゲーム産業が報告する》は指摘しています:2009年、29社の会社の自主的に研究開発する64モデルのネットゲームは海外市場に入って、収入の1.09億ドルを実現します。国産のネットが国内で狂う157.8億人民元を収める情況に泳いで言うことを比較して、これはほとんど半端なものです。
  テンセントが控えめで試行することと違い、2004年から、国内の多いゲームのメーカーはずっと高い調子で自分がどのように海外に進出するかを宣伝して、その中は完璧な時空が久しくと泳ぐことを代表にします。所が異なってので、すべての宣伝はただ限ってどれだけの先進国に進出するだけ、しかし利潤のいくらプレーヤーの数量のどれだけの紹介はめったにありませんおよび。
  この種類は海外に進出して、ほぼ反撃型ので、すぐ米国、日本、韓国などのゲームの出力の原産地に入って、その結果もとても明らかに、中へ入っていくのは難しくなくて、人の大きい門に張る対聯の中国のゲームは開け放したので、しかし中へ入っていって後で発展するきわめて難しくて、1位の業の内で友達の冗談:“多くのゲームの海外に進出する利潤は甚だしきに至っては国内の1つの地級市にある収益に及ばないです。”
  原因はとても簡単で、これらのゲームの出力するプレーヤー、更に満足させにくいゲームを持っていて欲求して、の国内のプレーヤーに比べていつも何種類の単一のタイプゲームに直面して普遍的な存在のわりに低いゲームが欲求して更に満足させにくいです。国内ゲームのメーカーは国外の主流ゲームのモデルの出す製品をまねて、まったく相手とすでに発揮して極致の製品まで(へ)互いに対抗することができなくて、しかも国のイントラネット遊のゲーム性もの西方のビデオのゲーム、手の上でゲームとあまり強くない市場の占有するネットゲームに比べて低くて、その失敗はすぐとても奇怪なことは何もありませんでした。テンセントこのように、完璧な時空は、久しく同じくこのように泳いで、所が異なってので、高い調子は欧米日韓に進出することを宣伝して、国内のプレーヤーに誤ってゲームの品質がとても高くて錯覚に発生すると思うことができて、実はただ1つの輸出商品の国内販売への転化の古いトリックだけ。
  の対応のと金山、青港などのゲーム会社が東南アジアに向かって特にベトナムがゲームを出力して極めて大きい成功を獲得したので、甚だしきに至ってはこれらの国家と地区の圧倒的多数のゲームの市場占有率を占めました。甚だしきに至ってはベトナム1国のゲームの利潤で匹敵することができますその広東省での総括的な利潤。
 文化の上の接近性を除いて、もっと肝心なのは空白を埋めるので、これらの国家自分のオリジナルなゲームの市場の空白を埋めて、これはたいへん似ている当時の韓国のゲームは中国に進出して、中国市場の空白の状態を埋めます。
  しかしこのような進軍の海外、実際的な収益以外、実は値打ちがあり決してひけらかしなくて、比較的に先進的なゲームの文化は向かい合うローエンドのゲームの市場に進出して、自然と極めて大きく相手の国家と地区のゲームのプレーヤーのまだ発掘していない非常に十分なゲームの欲求を満足させることができて、しかしもただこのだけに限られて、決してゲームの品質ではないのがどんな引き上げがあって、ひとつは勢いに乗ってただなだけ。
  テンセントの米国の負けはただ気候風土になじまないだけですか?実はこれは出てきたのはそれとも全体の中国のゲーム産業がただ金を儲けるだけの硬い傷を革新していないことをはっきりと示します。ゲーム入力国で武力を誇り威勢を示すことしかできなくて、ゲームの輸出国に行って、小さい3さえ及ばないで、これは私達のゲーム産業の現状で、1万歩を退いて言って、たとえテンセントIMは米国でも其道を大いに行いますとしても、ただ恐らくその革新していなかった“小さいゲーム”も同様にプレーヤーのもっと高い段階のゲームの需要の下で支えることを満足させることができないためです。

FF14 RMT

見た目相応となった事に眉を顰めたミツキ

ブラウウルフとの戦闘を終えたミツキは、もう半分くらいはティアに言い寄ってやろうと言う想いだけで最奥の紙が置いてある場所まで行き、自分の分をとってさっさとその場を引き返す。RMT
「はぁ・・・・全く・・・・」
 溜息を付きながら呟いたその後はあえて言葉にはせず、来た道をまた【探索】に頼って逆走し、胸中で改めてティアについて増えた情報を吟味する。
 召喚。
 それは、ミツキにしてみれば使い魔シアンを喚び出す事もそれではあるが、一般的には自分が倒したモンスターを召喚獣として登録する事で自分の支配下に置き、それらを地に呼び出す事を言う。
 BFにおいて、シアンの様な使い魔は稀な存在だった為に、基本的な〃召喚〃と言えば専らそれこそ自分が登録したモンスターを呼び出す事であった。
 ただし、スキルの中には専用のモンスターを呼び出すものもあったので、一概に召喚されるモノがフィールド上で徘徊しているモンスターだとは限らなかったのも確かではあったが。
 いずれにせよ、
 と、結局は質問攻めにする事が最優先だと言い切るミツキにとっては、召喚についてなどほとんど蚊帳の外な状態であった・・・・。
 そうして森に入った時とは比べ物にならないスピードで出口に辿りついたミツキは、お目当ての少女がいない事に若干可愛らしい顔を不機嫌に歪めた。
 暫く待っても帰ってこない辺り、おそらく苦戦しているであろうライとシィナを近くで見守っているのだろうが、それはそれで何だが無性に早く帰って来たメリットが削られてゆくようで、その後、結局夜の本当に僅かな手前で帰って来た二人を出口近くに確認するまで、ミツキはいらいらと退屈が混ざった時間を送る事となった。
 が、それも流石に大分疲れた様子で歩いて来る二人を見れば、脇に追いやられる。
「お疲れ様。大丈夫?」
 近づいて来た二人に声をかける頃には、いつもの微笑みを取り戻していた。
「おう! 何とか生きて帰ってこれたぜ・・・」
「まさか冒険者ギルドの試験がここまできついなんて・・・・。本当に生きて帰ってこれてよかった・・・・」
 対して、ミツキの声に答えた二人は本気で冒険者稼業は厳しいものなのだと痛感させられたと語る。
「そ、そうだね・・・・」
 それを半笑いで凌いだミツキも、確かに決して楽ではないのだろうと更に考えを改めた。
 そして、暫く二人と話して、空が完全に夜へと替わった時。
 何の前触れも無く、三人の前にティアが現れた。
「皆さん、試験お疲れ様でした。」
 ニコニコと相変わらず楽しそうに微笑むティアに対し、ライとシィナの二人は、礼儀正しく軽くお辞儀をし、ミツキは腕を組んでふんっとそっぽを向いた。
 先程まで自分達と普通に会話していたミツキのいきなりの変わり様に驚いた二人だったが、そこは突っ込むべきではないと判断したらしく、黙ってティアの次の言葉を待った。
 流れる風が、一瞬空気を冷たくさせ―――
 次の瞬間、ティアの声がその場に響く。
「冒険者希望、ライとシィナ、そしてミツキ。・・・・貴方達三人を、試験に合格したとみなします。 これからは冒険者の名に恥じない様に、一生懸命依頼をこなして下さいね。」
 次いで場を占めた轟く様な二人の喜びの声は、結局最後の方は二人につられてやったぁ!と喜んだミツキの耳の奥に、暫く木霊する事となった。
 歓喜の声が収まった後は、ティアにより三人ともに冒険者の証である銀の腕輪に何故かローマ字で『BOUKENNSYA』・・・・〃冒険者〃と刻まれた物を渡され、三人揃って右手首に嵌めた。
 いざ嵌めてみるとなかなか様になっていて、表では決して言わなかったものの、内心ではミツキも冒険者になれた事を本気で喜んでいた。
 が、しかし。
 二人が喜びを噛み締めながら帰り、その場にティアと自分だけしかいない状況となると、一変して怒りの表情を見せる。
「あの特別メニューは一体どういう事かしら? 『監察士』さん?」
 不機嫌にそう問うミツキに、ティアは今まで浮かべていた微笑みを消し、始めて見せた真剣な顔で言葉を発する。
「気になったの。 どう見ても普通の女の子なのに、あのギルド内にいた殆どの冒険者達を一瞬で黙らせた、貴方の事が。 正直、今までどんな事をしてこの世界で生きて来たのかも気になったんだよ?」
 紡がれた言葉から読み取れる話し方が今までとは大きく異なり、見た目相応となった事に眉を顰めたミツキだが、語られた言葉の内容にも反感を抱かずにはいられなかった。
「気になったのは解ったけど、だからってレベル100のモンスターを召喚してくるなんてちょっと酷過ぎると思わなかったの?」
「全く思わなかったわ? だって貴方はじめは手こずってたけど、攻撃魔法の一発で消せるだけの実力は持っていたじゃない?」
「ぅ・・・」
 左手を腰に当てながら質問した自分の言葉に対して、即座にニヤリとした笑みと共に帰って来た答えに、ミツキは声を詰まらせた。
 おそらくは、彼女は気付いたのだ。
 ミツキがかなり高いレベルを持つ存在だと言う事に。
 追い詰めるつもりでいた相手から思わぬ反撃をくらって、少しばかり焦る
 が、どうやら相手は違った様で―――
「でも・・・・強い人が冒険者になる事って、良い事だと思うの!」
 一転して本当に無邪気な笑みを顔に浮かべて、ティアはそう言った。
「は?」
 当然の如くぽかんとするミツキに対し、ティアは微笑んだままミツキに近寄りその両手を取って、そのままの笑顔で言った。
「だから、お互い高レベル者同士、お友達になって!」
「・・・・へ?」
 当然、いきなり言われた言葉に、頭上に?マークを浮かべるミツキ。
 けれども、ティアはそんなことはお構いなしで言葉を続ける。
「わたし、暫くここのギルド本部にいる事にしたから、何時でも会いに来てね、ミツキさん!」
 本当に嬉しそうな微笑みを浮かべてそう言ったティアに、ようやくミツキは真実を掴んだ。
 納得した後は、一気に脱力した。
 そうなるのも当然だ。
 要するにこの少女の姿をした冒険者ギルドのトップさんは、ただただ友達がほしいだけに行動を起こしていたのだから。
 解ってから改めて考えると、なんとも可愛らしい所業ではないか。
 しかし、それでも一応、
「だからって、次からはレベル100なんてモンスターけしかけてこない様にね? あたしだから無事だったけど、他の人じゃあそう簡単に倒せない場合もあるんだから。」
 と注意はしておく。
 それに本当に子供らしく「はーい!」と笑ったティアは、もう遅いから帰るべきだとミツキに言う。
 その言葉で、ふと頭上を仰いで見えた予想以上の空の闇の濃さに、あぁ、と頷く。
「確かにもう大分遅くなってるみたいね。 んじゃあ・・・・」
 と、そこまで言ってからティアを見る。
 ティアは一瞬きょとん、とした後、ミツキが言いたい事を察したのか、ニコリと微笑みを浮かべた。
「「また、明日。」」
 試験とはある意味本当に名ばかり。
 ミツキに、予想外の友人が出来た瞬間であった。マビノギ RMT

SOEの人員削減を宣言するニュースは業界の関心を引きつけ

 4月1日、SOEの人員削減を宣言するニュースは業界の関心を引きつけます。しかし3月29日GamasutraはSOE総裁John Smedleyを取材する時、議論するもっと多さは会社の未来の発展の方向です。RMT

  たとえ人員削減事件が発生するとしてもの前に、SOE自身も多くの問題が存在します。ネットが《The Agency》関心度(度合)に泳ぐのはわりに低くて、その上会社は積極的に伝統PCゲームの市場を広げています。Smedleyは取材の中で《The Agency》が評論を発表することを拒絶して、彼は更に間もなく到来する《限りがない任務》の次世代の作品を言うことを願います。彼は新しいゲームが革命的性質の作品に属する思って、MMOゲームのを変えて法を遊びます。知って、このゲームの具体的な情報は年末に公開します。

  新しく泳いで間もなく世間に現れますが、Smedleyは会社が《限りがない任務》原作を放棄することはでき(ありえ)ないと表しています。このゲームはすでに12年続いて、すでに大量に新しいプレーヤーに参加するように引きつけることができないが、しかし現在のプレーヤーすべて比較的安定的ですしかも年齢の大き目。彼はゲームの寿命がどれだけ長いことかがある予測すりたくなくて、しかし会社はすでに未来の3年の発展のために計画をしました。Smedleyは言います:“私達はすでに未来の3年の作業について詳しい計画を制定しました。私は3年あとで感じて、機会があって次の3年間計画を制定するべきです。”彼は、《限りがない任務》原作は新しいMMOゲームのようにもう人目を引きないが、しかしそのゲームの社会階層はその他のネットが泳いでなぞらえることができないのですと思っています。

  初めSOEはとても早くPSPの上で《の限りがない伝説を発表しました:刀の刃の同業組合》、現在また公然とNGPゲームを開発することに力を尽くす声明しますが、しかしSmedleyは会社はこのソニーと間もなく世間に現れる新しい手の機械ゲームがある程度必ず関連に系統的になる表しています。彼はSOE未来が更にゲームのコントローラに気を付ける表して、これはPS3を含むだけではありません。SmedleyはNGPに対してとても興味を持って、それがとてもネット遊に適すると思っています。彼は言います:“Spacetime Studiosの《ポケットが伝奇的です》はすでに手の機械MMOゲームがするのがこんなに良いことができることを実証して、だから私はMMOゲームがあるNGP上にも獲得することに成功することができると思っています。”

  SOEは発表したのは近頃最も影響力を持つ作品は《DC漫画の英雄Online》で、このクロスプラットフォームMMOゲームはPCとPS3プレーヤーに共に仮定の世界の中で戦いを展開することができます。 Smedleyは会社のこの資金拠出する6千万ドルのゲームの現在に対する振る舞いがきわめて満足すると語って、ゲームも彼らに更にユーザーのゲームのダウンロードに対する需要の程度を調べさせます。知って、たくさんのプレーヤーはダウンロードを待ちたくありませんて、店に行ってゲームを買うことを選んで、そこでこのゲームは小売りになって最高なPS3を量ってゲームをダウンロードすることができます。

  SOEは《Dungeon Overlord》と《Covert Ops》で社交ゲームの市場を開けることを試みて、しかし事は決して順風に帆をあげるのではありません。Smedleyに従って述べて、会社のは遅くこの領域に入ることに問題があったことがあって、Facebookは新しくて規則正しく新会社に市場を開けにくくならせる。彼は言います:“Facebookのユーザーにして、私は彼らの方法が好きです。しかしゲームの開発者にして、私はこれがたくさんの人に前進が困難にならせること感じます。”FF11 RMT

カテゴリー: RMT