もっと避難所や病院に関する情報を増やすべき

もっと避難所や病院に関する情報を増やすべきでしょう。多くの津波の被災地の映像は流れても、その地域の人達がどこの避難所に避難しているのか、何人ぐらい避難しているのか…そうした情報は殆ど報道されていません。そして、避難所の映像にしても、外観をさらっと放送するばかりで、被災者の気持ちを慮っているのでしょうけど、顔や姿を写さないような配慮が見えます。

むしろ、顔や姿を同意を得てシッカリと写した方が、遠隔地にいる知人へ無事であるというメッセージにもなると思うのです。被災者の氏名や一言を入れた映像を作って、ネット上の動画サイトなどで配信するれば、日本どころか海外の知人にでも無事を伝えられると思うのですが、そうした試みは見られません。

こうした災害に際しては、自分たちの出来る事を考えて行動するのが大切になってきます。マスメディアという強力なネットワークと、インターネットという新しいメディアを組み合わせ、駆使すれば、もっともっと役に立つことが出来るはずです。衝撃的な映像を集めて、センセーショナルな番組を放送のは、震災の復興が終わってからでもいいでしょう…