年が明けると一気に冷え込みが厳しくなりまして

昨年の暮れまでは暖かい日が続きまして、「こりゃ~今度の冬も暖冬だろう…」なんて思っておりましたら、年が明けると一気に冷え込みが厳しくなりまして、東京などでも辺り一面真っ白になるくらい雪が降ったりいたしました。

連日の冷え込みに加えて、昨年からの原油高が続いて、ガソリンやら灯油やらの値段は上がったままの状態で、まさに家計は火の車。

火の車なのに、懐は北極並みの氷点下とはこれいかに?なんて思ってしまいます。

その昔、修行中の小坊主が「寒い、寒い…」とぼやき続けておりますと、和尚様がやって参りまして小坊主を一喝したそうでございます。

「喝!寒い、寒いと思うから余計に寒く感じるのじゃ、寒くなどないと思えば寒くなくなる『心頭滅却すれば火もまた涼しい』じゃ!修行が足りんぞ、修行が!」

すると小坊主は、わんわん泣き出してしまったそうでございます。

「これ、どうした、何をそんなに泣くのじゃ」

驚いた和尚様が訊ねると、小坊主はこう答えたそうです。

RU486

相关的主题文章: