ディーラー工場へ持ち込んでいただくしかなさそうです

この話、本当に洒落にならない問題でして、この色の車が入庫した場合、恐らくお断りする事になると思います。原色の値段はベラボウに高いのですが、配合の割合は0.5%にすぎません。0.5%しか入っていなくても、この原色を入れないと、恐らく色相に違いが出てしまいますので、現時点では必要不可欠な状況です。

例えば、ドアを10×5cm程度凹ませてしまったので修理するとします。この状況であれば、通常150gも色を作れば足ります。すると、この原色を使う量は、0.75gで、価格にすると750円です。通常のメタリックカラーですと、こうした場合の材料費は4000円弱です。それに、750円を加えても5000円にもなりません。この馬鹿高い原色は、現状この色でしか使われていません。ダイハツのディーラー工場であれば、頻繁に入庫するかもしれませんが、我々のような町工場では、一度入ったきりで二度と入庫しないケースも十分に考えられます。

10万円の材料を買っても、1度きりしか使わない可能性があるとなると、お客さんに10万円の材料費を請求出来るか?ドア一枚の塗装が13万円になります…なんて請求は出来るはずがありません。幅広く使われている原色ならばまだしも、この色だけのために、この原色を購入するのは町工場にとっては負担が大きすぎますし、採算は全く取れません。事情を説明して、ディーラー工場へ持ち込んでいただくしかなさそうです。

消渇丸

相关的主题文章:

物事が良い方向へ向かってほしいものです

私は、もし候補になったら、お引き受けするつもりでしたが、通知書は届きませんでした。
自分自身のこととして真剣に考えてみたものの、一歩引いて考えると…。
常識を持ち合わせた人が裁判員になるなら、何もいうことがありませんが、もしこれが、いい加減な人、問題行動がある人、偏った思想の持ち主、犯罪歴のある人、覚せい剤使用者、判断力に乏しい人などなどに、裁判員の辞令が下ったらと思うと、ぞっとするところがあります。
でも、その点については、決定に当たって十分なる事前調査があることでしょう…。
暫く、この件に関しての報道記事を読みながら、動向を見つめて行こうと思っております。

オイラの場合は一人で仕事しているようなものなので、休むと得意先に迷惑がかかるというのも事実で、実際に裁判員候補としての呼び出しが来たら裁判所で相談してみるつもりです。

何はともあれ、物事が良い方向へ向かってほしいものです。
裁判員になるまでには面接などもあるようなので、あまりおかしな人物が選ばれることは無いだろうと思っています。
いずれにしても、今は見守るだけかと思っています。

魔根

相关的主题文章: