見終わった後では後味の悪さを感じてしまいます

前二作では、友情や家族との情愛、主人公の職場での立場、藩の置かれている状況や時代背景、権力闘争などがしっかりと描かれ、作品全体をバックボーンとして支えていましたが、今回はそれが無い分だけ余計に作品に厚みが感じられなくなっています。

もう一つ、前二作で主人公が剣を交えるシーンでは、主人公はむしろ斬り合いをしたくない状況下で、命懸けの闘いに巻き込まれる事に下級武士の悲哀が感じられましたが、今回は、主人公自らが望んで斬り合いを演じており、そこには武士の一分よりも、男の嫉妬を強く感じてしまい、見ている時は共感を覚えたものの、見終わった後では後味の悪さを感じてしまいます。

作品の中には、「さすが!山田洋次だ!」と思わせるカットがいくつも登場するのですが、山田洋次ほどの映画監督が、時代劇三部作の三作目として撮った作品が、何故このような出来なのかと後で考えていると、映画全体としての出来が良くないだけに、そうしたカットすらも撮影技術、演出技術を見せびらかせているようにすら思えてきてしまいます。

紅蜘蛛

相关的主题文章: