地平線の余光は日の出の曙光であることができるです

時間はどのくらい夢かに磨滅して、生活はどのくらい主張かを埋葬しました。つい最近1篇の日誌が言いを見ました:“私は私は生きて1つのばつが悪い年齢まで着きたかったです。” 間違いなくて、人の成長は一瞬の間にの、中国の教育いつも高校大学中ですべてを極度に過度に、に美化してそれからその後やっとあなたに残酷な現実を教えているのです。あれらがいわゆる夢想して、理想は現実的な目の前でそんなにのがもろくて弱くて耐えられません。現実的なこのごろつき、からあなたを簡単に目的を実現させます。だから多くの人急に、すべて困惑して、どうしたらよいか分かりません。彼の先生が彼にどう社会に適応するのに行くを教えていないためです,黒倍王

十分な準備をしっかりと行っていないで、現実のおさえる啳でも息に来られます。生活はいつまでも閉店しない天に届く車輪で、1人当たりの喜怒哀楽を積載しています。残したの更にいくらでもある人々の驚愕して錯乱しているの。 これ世界で、本当にいわゆる“本当にの楽しみ”がありますか? それでも、これぐらいの悲観的な事、私はやはり言いたいです:その境界線、その“24歳”の到来は避けられないので、しかし私達はそれの到来した時間を変えることができます。 世界はとても大きくて、私達はとても小さくて、しかし私達は決定することができて、空の青いのは清浄な望みであることができるで、地平線の余光は日の出の曙光であることができるです。

相关的主题文章: