AlphaGoの運用料金は30億円以上?

米Google傘下のGoogle DeepMindが開発したAI囲碁ソフト「AlphaGo」が3月12日、李世ドル(イ・セドル)九段に3連勝して、「AIが人間に勝った」ことは記憶に新しい。

 AlphaGoは、もちろんパソコン1台でそんな性能を発揮したわけではない。1000台以上のプロセッサを束ねたクラウドサーバの上で動作した。具体的には、Google Cloud Platform(GCP)というサーバの上で動作したことが、Googleの公式ブログに述べられている。いわば、自社サーバだ。厳密には別会社だが、グループ内割引ぐらいはあるだろう。とはいえ、まともに支払えばいくらぐらいのコストがかかったのか気になってくる。
粉剤媚薬
 サーバの利用料金は、リソース(プロセッサ数、メモリ領域、ディスク領域など)に利用時間を掛けて決まる。たくさんのプロセッサを長時間借りれば、それだけ料金がかかるということだ。公開されているGCPの利用料金を元に、AlphaGoの運用コストを計算してみる。

 AlphaGoが本番でどれだけのリソースを使用したか。プロセッサ数が、CPUサーバを1202個、GPUサーバを176個だと「Nature」の論文概要では伝えている。CPUサーバ1台あたりのコア数は最大の32コアとする。それ以外のスペックは不明だが、メモリとディスクは最大レベルで使用しただろう。AlphaGoの開発期間は2年間で、その間に500回の対戦を経て学習を積み重ねてきたという。本番と同レベルのプロセッサを借りていたとは限らないが、ここは最大限で想定してみる。GPUのレンタル料金は公開されていないので別料金になるが、だいたいの目安にはなるはずだ。
花痴
 以上の仮定を元にGCP料金計算ツールに入力すると、3年契約で3853万8043ドルという結果になった。2年で2569万2028ドル、現在のレートで約28億7750万円だ。ちょっと円安に振れれば30億円の大台に乗る。そして、ここにGPUの利用料金が加わる。

 もちろん、これにAlphaGo自体の開発費は含まれていない。純粋に運用コストだけの計算だ。世界を驚かせ計算機科学史上に残る成果のための、そして自社グループのハード・ソフトの技術をアピールするための運用コストとして、高いだろうか安いだろうか。

 ところで、AlphaGoのサーバコストを「2年間で最低60億円」とするうわさもあるのだが、倍額になる根拠がよくわからない。あなたはどちらの「うわさ」を信じるだろうか。

武井咲 TAKAHIROが住むマンションに連日訪問撮

武井咲(22才)が“噂のカレ”が住むマンションへ入っていく姿をキャッチした──。3月中旬の小雨の降る夜10時頃のことだった。仕事帰りの武井を乗せた車が都心にある高級マンションの裏口から、少し離れたところに止まった。
巨人倍増
 街灯の光がほとんど届かない暗い裏道を、武井はひとりでマンションの方へと向かっていく。そして裏口に着くと、慣れた様子で建物の中へと入っていった。実は、このマンションに住んでいるのは、EXILEのTAKAHIRO(31才)だった。この日以外にも何度も、周囲を気にしながら裏口から入る彼女の姿が見かけられた。

 ふたりが出会ったのは3年前。2014年の年頭に放送されたドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)だ。TAKAHIROの俳優初挑戦が話題になったこの作品に主演していたのが武井だった。
絶對高潮
「その後、2015年3月に放送されたこのドラマのスペシャル版の撮影の時に、ふたりの仲は急速に深まったようです。マカオでのロケの間も、仲むつまじかったと聞いています」(芸能関係者)

 TAKAHIROが武井の自宅を訪れていると報じられたのは昨年5月。ところが、武井はイベントで「(TAKAHIROは)尊敬しているかたで、仲よくさせていただいています」と恋愛関係を否定していた。

 ところが、ふたりの仲は進行していたようだ。連夜の逢瀬に先立つ昨年12月末、芸能人御用達の都内の高級レストランの個室で、ふたりの姿が目撃されている。

米ハワイ沖で「幽霊のような」タコ発見、新種の可能性

米ハワイ(Hawaii)州沖の深海で、新種とみられる「幽霊のような」タコが発見された。海洋研究者らが発表した。
催淫カプセル
 米海洋大気局(NOAA)によれば、ハワイ諸島の北西にあるネッカー島(Necker Island)の沖合の深海で、潜水調査艇が偶然、半透明の小さなタコを発見したという。

 今月2日に発表された声明の中でNOAAのマイケル・ベッキオーネ(Michael Vecchione)氏は、「遠隔操作探査機が水深4290メートルで、沈殿物が散在する平たんな岩礁を移動していた際に、驚くほど小さなタコを発見した」と述べ、「この生物の外見は、これまで発表された記録の中では見たことがなく、その観測水深としても最深だ」と付け加えた。
三體牛鞭
 同氏はさらに、発見されたタコの触腕には、通常2列の吸盤が1列あるのみで、「特に珍しいのは、大半の頭足類(タコやイカなど)に多い色素細胞がないこと。筋肉もほとんどないように見えた」と述べている。

 ソーシャルメディアでは幽霊が主人公のアニメにちなんで「キャスパー(Casper the Friendly Ghost)」のあだ名を付けられたこのタコは、NOAAの調査船「オケアノス・エクスプローラー(Okeanos Explorer)」に搭載されたカメラで撮影された。同船は、世界でもあまり知られていない海域で海洋地質や海洋生物の探査を行っている。