遺伝子検査ビジネス、科学的根拠ない判定も…厚労省が根拠明確化要請へ

厚生労働省は今年度にも、病気のかかりやすさや太りやすさなどを判定する遺伝子検査ビジネスのルール作りを始めることを決めた。

催淫カプセル
科学的な根拠の明確化や、判定結果のとらえ方を専門家に相談できる体制作りなどを業者に求める。政府の有識者会議が22日にまとめた報告書案に盛り込まれた。

同ビジネスは、病気予防や健康作りに生かせると期待される。その一方、判定が科学的根拠に基づいていない業者もある。

厚労省は、判定方法や結果の伝え方を実態調査した上で、科学的根拠に基づく検査の仕方や、利用者がカウンセラーに検査結果の受け止め方を相談できるルールを定める。

業界団体は一定の基準を満たした業者を認定しているが、厚労省は悪質な業者を減らす対策も進める。

遺伝情報が業者間で使い回され、就職活動や保険契約、結婚などで差別や不当な扱いを受ける恐れもある。このため厚労省は、遺伝情報が社会に広がることについての国民の意識を調べ、必要に応じて差別などを禁じる方策も検討する。
媚薬

都知事選 前半戦の鍵を握る3連休の戦いにそれぞれの思惑

運命の投開票まで、残り2週間を切った東京都知事選。前半戦の鍵を握る、この3連休の戦い。主要3候補、それぞれの思惑を持って臨んでいるようだった。
18日午後、東京・台東区で、自身と同じ名前の鳥越神社を訪れ、必勝祈願をした野党統一候補の鳥越 俊太郎氏。花痴
告示5日目の18日は、「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる東京・巣鴨で、街頭演説をスタートさせた。
鳥越氏は、「きょうは、わたしの30年、40年の友人の歌手・森 進一さんが応援に駆けつけてくれた」とあいさつした。
しかし、街頭演説を始めてすぐに、マイクを友人で歌手の森 進一さんに渡すと、再びマイクを握ることなく、わずか数分間の滞在で、巣鴨をあとに。
準備不足と、健康面の不安という弱点を指摘される鳥越氏。
午後4時すぎからは、多くの若者でにぎわう東京・渋谷で、街頭演説した。
鳥越氏は、「この混迷する東京都政が、わたしを呼び込んだ。呼び入れたんです。それを皆さん、なんとかわかってください」とあいさつした。
一方、自民党や公明党などが推薦する元総務相の増田寛也氏。
増田氏は、「海の日なので、真っ先にここに来ました」と語った。
18日、最初に訪れた場所は、海開きを迎えた東京・江戸川区の葛西海浜公園。
しかし、海に入ることはなく、そのまま江東区の公園に移動。
子どもを持つ母親ら1人ひとりに声をかけ、自らへの支持を訴えた。
増田氏最大の弱点といわれている、知名度不足。
それをカバーしようと、盛んに話しかけたり、一緒に写真を撮る増田氏。
昼食のサンドイッチを食べていた際には、近くの母親から話しかけられていた。
増田氏は、「選挙戦を、ただ、うわべだけの戦いにするんじゃなくて、都政をより良くしていく、そういう場に、わたしはしていきたいんです」と訴えた。
午後、高校ラグビーの試合会場を訪れた増田氏。
そこでは、あの「五郎丸ポーズ」も披露した。威哥王
その増田氏の出馬表明に先立って、自民党への推薦願を取り下げた元防衛相・小池 百合子氏。
小池氏は、「この新しい街宣車でございます。ガラス張りでございます」とあいさつした。
ガラス張りの都政を象徴する、新たな秘密兵器、ガラス張りの選挙カーを投入した。
「百合子」コールが上がる中、18日は、新宿や恵比寿などで街を練り歩いたり、街頭演説などを繰り返した小池氏。
小池氏は、「女性が輝く社会と言っていながら、女性を排除しようとしているではありませんか。女だからいいということは、私は決して言いません。公約に従って、そして実行するのは当たり前だと思うんですが、いかがでしょうか」と訴えた。
演説では、自らを推薦しなかった自民党の対応を批判。
組織の支援のない弱点を、逆に売りにする作戦で、繁華街を回った。
小池氏は、「組織がありませんから、人がいるところに飛びこむ」と語った。
7月31日に投開票される東京都知事選には、高橋尚吾氏、谷山 雄二朗氏、桜井 誠氏、マック 赤坂氏、山口敏夫氏、山中雅明氏、後藤輝樹氏、岸本雅吉氏、上杉 隆氏、七海 ひろこ氏、中川暢三氏、関口安弘氏、立花孝志氏、宮崎正弘氏、今尾貞夫氏、望月義彦氏、武井直子氏、内藤久遠氏を含む、過去最多の21人が立候補している。催情水

九州から関東にかけて大雨のおそれ

梅雨前線上の低気圧の影響で、きょうは九州から関東にかけて大雨のおそれがある。特に梅雨前線の影響が残る九州南部では、あす日曜日にかけて猛烈な雨に警戒が必要だ。

台湾付近にある台風1号と南海上の太平洋高気圧から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、梅雨前線の活動が活発となっていて、大雨となりやすい状況が続いている。雨の中心となる前線上の低気圧は、朝の時点で四国威哥王販売 から近畿あたりにあり、夜には関東へと進む見込みだ。
九州南部はあすにかけて大雨に警戒

九州南部は低気圧が東へ進んだあとも前線がかかり続けるため、あす10日にかけて非常に激しい雨が降りやすい状態が続き、猛烈な雨となるおそれもある。
あす朝までに予想される雨量は九州南部で250ミリ、奄美で200ミリ、九州北部で120ミリで、その後さらに増える見込みだ。これまでの雨で地盤が緩んでいる地域もあるため、土砂災害や河川の増水などに引き続き警戒が必要だ。
四国・近畿・東海の雨は昼過ぎまで

前線上の低気圧が通過するため、四国から東海にかけては、きょう昼過ぎにかけて非常に激しい雨のおそれがある。
あす朝までに予想される雨量は、近畿・東海で200ミリ・四国で150ミリとなっている。
関東 雨のピークは夕方催情薬

関東では、きょう昼頃から本降りとなり、特に午後4時から午後7時ごろにかけて雨足が強まる見込みだ。雷を伴って非常に激しく降るおそれもある。
あす朝までに予想される雨量は関東甲信で100ミリ、伊豆諸島で120ミリ。
ただ、強い雨は南部が中心で、貯水率が低下している北部のダム周辺では、まとまった雨にはならない見込み。