<福島の山林遺体>元同僚の男逮捕 殺人、遺棄容疑

福島県郡山市で5月、同市大槻町の警備員、岡部大樹さん(当時25歳)の遺体が山林で見つかった事件で、県警郡山北署捜査本部は21日、同市安積町笹川、無職、車田和也容疑者(26)を殺人と死体遺棄容疑で逮捕した。
狼一号
容疑は5月15日正午ごろ、同市逢瀬町多田野の山林で、岡部さんの頭部を殴るなどして殺害し、遺体をその場に遺棄したとしている。車田容疑者は「自分がやった」と容疑を認めているという。曲美

捜査関係者によると、2人は警備会社の元同僚同士。岡部さんは15日午前、家族に「コンビニに行く」と伝えて自宅を出たまま、行方不明になった。捜査本部は何らかのトラブルがあったとみて動機を調べる。精力剤通販店