エクスタシー

最初はなぞるようにしてソフトに優しく。
初めてなので様子を見ながらじっくりと。
焦らないことが肝心。
狼一号
慣れてきたら徐々に与える刺激を強く。
はやる気持ちを抑えながらあくまで徐々に。
刻々と変わる表情を見逃さずに
刺激場所も変えていき楽しみます。

そうそう!この感じ!!
ムフフッ( 〃▽〃)

ゆっくり味わわねばと頭ではわかっていても
この快楽を知っている心と体は
もっと早くもっと強くと求めてやみません。

だめだ!いけない!と思いつつも
我慢できずにあっという間に到達。
催淫剤
なんという自制心の弱さ。
でも気持ちいい。(///∇///)

そして繰り返し繰り返し何度も
上り詰めてしまいました・・・

どこへ上り詰めたか?
ゴンドラやリフトで山頂まで。

といったわけでシーズン初滑りに来ました。
(^○^)

初滑りですので最初はゆっくり慎重に
ゲレンデの状態と自身の感覚など確認しながら。

でもついつい気持ちよくて出しちゃうのですよね
スピードを。(^_^;)
もっと丁寧に滑らなければいけないのに
あっという間にリフト乗場に到達してしまいます。

まさにエクスタシー。

滑りだけに集中することで
日常のあらゆる雑念が吹き飛ばされます。

今年も怪我なくシーズン最後まで
無事に楽しめることを祈りつつ。

スキーの神様に感謝!! (^_^)v

それにしてもなかなか上達しないな~・・・

威哥王

野獣タカシの新種増殖計画

高校が、地獄となってから6時間が経った。
中国精力剤
全校生徒三千余りのうち一千近くが惨殺され、50人ほどの女子高生はタカシと交わり、スピーシーズ化して獰猛な唸り声をあげて人肉食をはじめとする残虐行為に出ていた。

タカシには懸念があった。雄一匹では遺伝的多様性が形成出来ずに種が滅ぶことになる。
そんな心配をしながら尻を向ける発情した他の雌の尻に顔を押し付けて芳しいフェロモンを胸一杯吸い込みアソコにブスリと挿入していく。
(たまらねえよ…発情期の雌の甘いフェロモンを嗅ぐと交わりたくなる)
だか他の人類がそのフェロモンを嗅いでも何も変化はないだろう。
三体牛鞭
ガタンと微かな音を捉えてタカシの耳がピクリと動いた。
「誰かいるのか?」
躊躇うことなくロッカーを開けると、怯えて震えるタカシの友が4人転がって出てきた。
「ヨウスケにサトルにカズヤにシンイチじゃないか?」
タカシの顔に邪悪な笑みが浮かんだ。
「助かりたいか?」
タカシの質問に4人が頷いた。
「頼む殺さないで友達だろ」
「ああ、今助ける…サトコ」サトコを呼びつけて4人に異星人遺伝子を植え付けさせた。

雄の個体を増やし、遺伝的多様性を増やすためだけに助けてやったのだ。

適応力があるかどうかは本人次第だ。

数時間のち4人が口から涎を流して虚ろな目になって痙攣を起こして四肢を床につけた。

「始まったか」
4人の女スピーシーズを並べておく。
「一人前の雄にしてやってくれよ…お前たちの体でな」
女たちが頷いて猛々しく吠えた。
「ウオオ~ン」
雄を求めて発情しているのだ。
口からハアハア荒く息をしている雌の様子を見て、タカシはニンマリ牙を覗かせた。

巨根カプセル

病院をはしごの日

平成26年初冬
中国精力剤
所用で札幌市内を車で走らせていた。

カーラジオから通販の番組が流れて来たのです。

髪の毛が強くなる「シャンプー」の宣伝
何気なく耳を傾ていた。

通販番組のお決まりは
利用者の生の声
誰もが製品の絶大なる効果を宣伝する

あたかも、これしか無いぞの勢いで

このシャンプー
何とアナウンサーも利用していると言っていたから…
普段、聞き慣れている声の主
STVラジオのアナウンサーも使っていると言っていた。

そして、効果抜群だと語り始めたのです。
何でも
「抜け毛予防になる」のと
「髪の毛が強くなる」と言っていた。
いつも聞こえる声の主も推していのです。

“買うしかない”と思ったのです。

自分は
髪の毛はフサフサなのだが、細いのが気になっていたからね
そして、
将来、抜け毛にならぬようにと…予防効果を期待したのです。
狼一号
今、思えば、とんでもない値段
小さい1本が9千円程だったから
女性向けのシャンプーどころの騒ぎじゃないんだろうな…?

でもね
絶対、効果が期待できると思い込んでしまったから
言葉の魔法にかかってしまったのです。

0120-…………

放送後30分以内限定で… 定番のオマケつき

直ぐに電話をかけた。
お支払いはクレジットカードで…

数日後、商品が手元に届き直ぐに開封

バスルームの娘たちシャンプーの横に並べる

使用感
ぅん…、何か髪の毛が固くなった感じ? かな?

暫く使い続けたのです。…

2週間も経っただろうか?
額の辺りから、皮膚がカサカサになって来たのです。
乾燥した冬でもあるし…その仕業にしていた。

最初はシャンプーのせいだとは思っていなかったからね

徐々にカサカサは下へ下へと伸びて行き…
顔中全体に及んだのです。
“カサカサ”から”ボロボロ”になり角質化して居る様な感じ

初めてシャンプーじゃないかと疑い始めたのです。

威哥王

かみ合わない話・・・

昨夜遅くまで行きつけのクラブカウンター・・
中国精力剤
「ヒロさん、突然ですけどヒロさんは女性のどこに魅力を感じますか??」

ママと沖縄行の話をしているところに、突然バイトの女の子が話に割り込んできた

「それは私の思考を見ると言う事かね??? 女性の魅力は笑顔で決まりだね」

そう話したら、それはおかしいという

「どうしてかね、笑顔の女性はそれだけでチャーミングじゃないか、笑顔を作れる女性は作り笑いでも心の広い女性だよ・・・」

自意識過剰や腹に一物を持つ女性だって笑うことなど簡単だという

「確かにそうかもしれない、しかし少なくとも相手を不快にすることはない、特に年若い女性は努めて笑顔を大事にすることを勧めるよ・・・」

バイトの女性は魅力=セックスアピールと勘違いしているよう
三体牛鞭
外見や体形に気を取られる女性の陥りやすい錯覚か誤解か・・・

男は外見だけで女性に迫るのは、単に体目的のやましい下心を持つ輩だけだろう

自分を磨くことは外見だけではない、知的でエレガントな魅力は醸し出す雰囲気が大切、それが自然と立ち振る舞いや行動に出るよう努めるには、なんにでも興味を持ち関心を持ち続けること、そして自分の意見や主張を人前で話せること・・・

かみ砕いて説明する・・・

「でもヒロさんは、一見普通のおじさんでしょ、どこにでもいるお年寄りと変わらないと思うけど、ヒロさんを知る人たち皆ヒロさんにはかなわないと言うの・・・」

隣でママが笑い転げている

「そうだよ、私は普通のお年寄り・・・女性大好きのスケベ爺さ・・」

怪訝そうなバイトの子、一杯おごってとおねだりする、屈託のない現代っ子

「貴方を理解するには、もう少し時間が必要ね・・・」

ママの慰めに似た一言、やはり若い女性には見向きもされない自分を認識することに・・・

これでは、若い女性とかみ合わないのも無理はない、私ももう少し現代っ子を理解する努力が必要のようだ

陽子にはよく言われているが

「貴方はご自分の価値観で判断するから、今の人たちに誤解されるのよ、ビジュアル世代は直感で動くんだから・・・」

それは私も十分理解しているつもりだが、根底に核になる価値観は誰にでもあるだろう、強弱は別にして幼い子供だって自分なりの価値観は芽生えて当然だと思うのだが

「現代の若人は、その折々で価値観がコロッと変わるのが普通なの、そんな突き詰めて考えている若い人はいないわよ・・・」

クラブで酒を飲んでいても、かみ合わない話題ではちっとも面白くない

「ママ、ママも長生きしてよ・・でないと私の居場所がどんどんなくなってしまう」

寂しく帰りのタクシーに乗り込んだ

巨人倍増

円満カップルになるには

幸せな恋愛をしているカップルには、ふたりだけのルールがあるもの。
巨根カプセル
いつもラブラブなカップルは、生まれながらに相性がいいのではありません。

他人は自分の思い通りにならなくて当たり前ですから、ずっとふたりでいたいならルールが必要なのです。

ラブラブ円満カップルの約束を紹介します。

■1.必ず名前で呼び合う

カップルの中には、「おい」「おまえ」「ねぇ」など…名前を呼ばない人たちもいますが、ラブラブカップルは名前で呼び合うことを暗黙のルールとしています。

名前を口に出して言うことで、相手に愛着が湧くものですし、言われたほうも「自分のことを丁寧に扱ってくれるなあ」と満足感を得ることができるのです。
三体牛鞭
名前で呼びかけることはシンプルで意外と忘れがちですが、コミュニケーションの基本であり、とても大切なことですよ。

■2.感謝の気持ちを表現する

何よりも大切にしてほしいのが、感謝の気持ちをきちんと相手に伝えること。「ありがとう」「嬉しい」「美味しい」など、長く一緒にいることで「言わなくてもわかるだろう」と面倒くさくなって言う習慣がなくなる言葉もあるでしょう。

その甘えにより、なんだかすれ違っているように感じたり、相手に不満がたまっているように見えたりする原因になってしまうのです。

お互いに感謝の気持ちを伝えあえば、その心配はいりません。毎日の小さな努力こそ、カップルがラブラブでいることができる秘訣なのです。

■3.感情的にならない

ラブラブカップルの約束事の中で、ケンカをしたらその日に解決するというルールを設けているカップルもいるでしょう。

しかし、どちらかが納得していないのに無理に解決するというのは、どちらかが「我慢」するということです。それではいつか関係に歪みが生まれてしまうでしょう。真のラブラブカップルは、冷静に話し合えるような関係性を築いています。

感情的にケンカをすると相手のことを思いやる気持ちが薄れ、失言して相手を深く傷つけることもありますからね。

たとえば、感情的になったらしばらく離れる、ケンカ中は文章で遣り取りをするなどすると冷静に話を進められますよ。
威哥王

金髪姉ちゃんが実は・・

勤労感謝の昨日は、某イベントごとの仕事だったのですが、予定よりも早く終わったのでサウナでも入って帰ったろと久し振りにスポーツジムに寄ってきました。
中国精力剤
そしたらすげーパツキンの姉ちゃんがいてびっくり!!!

と思ったら、頭に黄色いタオルをかけてた兄ちゃんでした。

くそ紛らわしいちゅーねん!!
(というか目と脳が腐ってます。)

今月はまともに休みも取れてないのでそのせいかもと思い、帰宅し速攻午後6時前には布団に潜り込みました。
三体牛鞭
それにしても、前日のいい夫婦の日には花束を持って帰ったというのに勤労感謝の日には、なんもなしです。
身を粉にして働いて家に帰っても労いの言葉ひとつなく、少しでも反論しようもんならヒ素入れたろか~と脅され、浮気でもしようもんならそんな役立たずどうせ要らんやろ~と剪定ハサミを持って追いかけられ、、、

あ~~神様、私のなにがいけないというのでしょうか~~
巨人倍増

年頭にあたり皆様のご健勝を祈願いたします

さて、年も明けて1週間が過ぎ、街も普段モードを取り戻してる今日この頃
威哥王
今年は年明け3日から仕事だったので、2日に浅草寺へ行ってきたんだけど、
相変わらず耳に入ってくる会話に日本語は少ない
神社仏閣などは、最も日本らしい場所だと思うのだが、日本人はドコへ行った?
それとも、大声で話す人達がアジア各国の人だっただけ?

しかしさ、おみくじが3年連続で「凶」ってどうなの?
いくら浅草寺のおみくじが3割「凶」だとしても・・・へこむわ

あとは家でひたすらに飲んだくれてたので、いつもの正月だったけどね
良い事って云えば、auのCMのお正月バージョンで、
初めて一寸法師を発見した事ぐらい
・・・・・

そう云えば、年賀状なんてのも年々少なくなってきてる
俺もほとんどラインやメールで済ましてるけどね

でも、中には律儀に毎年送ってくる人も居る
もう10年以上会う事はおろか、メールや電話もしてない人とかね

そんな中に、大昔に少し遊んでた後輩が居る
何故か妙に懐かれて、俺の後をくっ付いて歩いてた

その後輩なんだけど、俺の知り合いの中でも恐らく1,2にモテる
何しろ高校卒業までに100人切りを目標に掲げ、見事に達成したような奴
中国精力剤
皆が不思議がった
そんなにイケメンって訳じゃないし、お洒落でもない
優しくも無いし、知性も教養もなし
会話は面白いけど、話題は乏しい

しかし、ほとんどの女が1回で落ちる
何故?
俺が、女と云う生き物が理解不能になった一因になってる

それでも奴は30代になっても記録を伸ばし続ける

口癖が「同じ女と2度は無いッスよね?」

殴ってやろうか!

そんなだから性格も最悪
女に対する武勇伝なんか聞いてると、人間のクズと云うに相応しい
既婚であることを隠してファンの女性タレントをモノにしたと同じぐらい
ゲスの極み

男に対しては、面白くてイイ奴なんだけどね

そんな奴から十数年前の正月にいきなり電話が掛ってきた
その時奴は結婚3年目ぐらいで、
「やっぱり子供が一番ッス。すっかりマイホームパパッス」
って言ってやがった

今年も奴から年賀状が届いた
ヘンな所が律儀ww.
住所が変わってないから、ちゃんとお父さんしてるのだろう

しかし、何故奴があれほどモテたのかは、いまだに謎だ

「お前は絶対に幸せになれないぞ」
俺と仲間達が常に奴に言っていた言葉
見事に外れたっぽい
酷い仕打ちを受けた多数の女の怨念とかは、
何故奴に不幸をもたらさないのか

今にして思えば、あの時に教えを乞うておけば良かったかな
壮根精華素