30番目の山手線新駅起工式

JR東日本と都市再生機構(UR)は10日、山手線と京浜東北線の品川―田町間に建設する新駅(東京都港区)の起工式を開いた。山手線の新駅は1971年開業の西日暮里駅以来で30駅目。東京五輪・パラリンピック開催を直前に控えた2020年春に暫定開業する。中国精力剤

品川―田町間は2・2キロあり、新駅は品川駅の北900メートルの場所にできる。URの中島正弘理事長と共にくわ入れしたJR東の冨田哲郎社長は「日本や東京の成長の拠点となることを願っている」と話した。

駅舎は新国立競技場の設計を手掛けた建築家の隈研吾氏がデザインし、障子をイメージして白い幕の屋根や木材を取り入れる。

催情薬