古典文学

台風だったので
外に出られなかったので

媚薬精力剤比較
古事記

を読んでみました。

日本の古典文学って
まぁまぁエロいものや
性に関するものが多いです( ´艸`)

古事記では、イザナギとイザナミが
国を作っていくわけですが

「俺の体に出っ張ったところがある」
「私の体にはへこんだところがある」
「じゃあ合体してみますか?」
「いいね!」

ってことで日本国を創った

それは、結構有名かと思います。

が。

その前に、女性からお誘いして合体した場合
2回失敗してまして
独神に占って貰ったところ

男性から誘わないと、だめよー

と言われて、
男性から誘った結果
淡路島→四国→……………
と8つの島ができました。

でも、これ産んだわけでなく
しずく(精液)が滴ってできたそうです。

そんな感じで始まります。

日本各地に現地妻を持ってた神さまや
スカトロで嫌われた神さま、
天岩戸の前でストリップショーや

初夜だー(*’▽’*)と思ったら生理だったorz

そんなちょっとエロ…………
な話がいっぱいです(笑)

あー、これ。
昔な知ってたら
もっと古文できたかもしれない…

ってくらい
エロ面白いので
(エロいだけではないですけどね)

興味があればぜひ
おすすめします

私もまだ途中なので
続けて読みたいと思います( ´艸`)