トヨタ115万台リコール

タカタ製エアバッグの欠陥問題で、巨根カプセル,トヨタ自動車は26日、乾燥剤が入っていないエアバッグを搭載する「ヴィッツ」など19車種計115万9578台(2000年8月~11年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

フォルクスワーゲン(VW)とアウディの日本法人もそれぞれ37車種計12万9230台(06年1月~14年9月製造)、57車種計6万7341台(04年7月~13年4月製造)をリコールした。狼一号

火薬の劣化を防ぐ乾燥剤が入っていないエアバッグについて、国交省が各社に追加リコールを求めていた。タカタ製エアバッグ問題での国内のリコール台数は、延べ約1701万台となった。

トヨタの対象は助手席エアバッグを搭載した車で、交換用部品が不足した場合は、一時的に作動しないようにして対応する。

巨人倍増

コメントは受け付けていません。