時にはエッセイのようにして。

時には文豪になったつもりで。

食べログを見ていると、
書き方が面白いというか
文章能力に長けてる人に
出会ったりする。

美味しい、だけでは
物足りないのか
ワインのテイスティングを
するかのごとく、表現が多彩で

店の外観なども含めて
レポートしてくれている。

この人は、評論家気取り
なのだろうか?

と、いう人も中にはいるだろうと
思うし、以前某番組で指原莉乃さん
がこういった人が嫌いだと
言っていたことも分からなくも
ないけれど。

そういったものを読める心の
余裕というものを持ち合わせて
いたいなと時々思うのも事実。

どう思うか、何を書くかも
自由だけれど、味のある文章は
食べログだからこそ
読んでみたい気持ちに
させてくれる。

孤独のグルメという漫画の
台詞なんかを読んでいると、
食べる意欲も湧いてくる。

お腹も空く。

でもそれがいい。
だがそれがいい。

~の★★が美味しかった、
などでもいいけれど、

そこに、うまい文章を書く人が
表れたら行ったことのない私でも
想像力が働く。

書き手の文章能力次第かも
しれないけれど、やはり
舌を濡らすほどの文章に
出会えた時は楽しくて仕方がない。

というか、わたしは
そんな人なんだって思ったりした。
媚薬
媚薬 販売

ただ、それだけの日記。

コメントは受け付けていません。