敏腕ビジネスマンも舌を巻く素早さと的確さだ

大分、主題からディビエートしたが、上記の推測が正しかったからこそ、この夫婦は、離婚という結末になったと思われる。つまり、男が過去や今浮気をしているとか、そんなことをはどうでもよくて、子供を含めた自分の人生を託す相手として、高岡氏は、馬鹿すぎる、あてにならない、正しい判断ができない奴だと、宮崎あおいさんが烙印を押したというのが、この結末だと思う。

僕は、宮崎あおいさんの作品を見たことがないので、女優としての力量は知らないが、決断力に関しては凄いものがあるという感想を持っている。
高岡氏と結婚したのが正解かどうかは知らないが、夫婦生活を続けるのは誤りだ、と判断した後の決断力、実行力は、敏腕ビジネスマンも舌を巻く素早さと的確さだ。

僕の友人でも見切りをつけて、博報堂を辞め、自分で、個人塾を開いたやつもいる。世知辛い。ただ、この辺脂肪タプタプの(有名人と遊び歩くような)人が作る側にいなければ娯楽は楽しくないのではないか?という気もする。無駄を徹底的になくせばよい、というものでもないだろう。真剣に作ったものが面白いとは限らない。一生懸命ばかばかしく作ったものは面白いかもしれないが。

威哥王

相关的主题文章:

コメントは受け付けていません。