私は一部の精神の清潔な癖ではありませんか

彼がちょっと男性、私の世界につきあうのではないをの知ります 子は崩れ落ちました!私は努力して自分を抑えて彼のほかでの女の手元に非常に仲が良い形を想像するのに行きません!もう彼のを受けて、心の中の辛酸と苦難言葉にくいにの口づけをすることができません。私は1度激しく泣き叫んで、彼も涙を流すのがとても長くて、とても後悔すると言って、しきりに私に手を放さないでくださいように懇願して、またもしも私が許すと言って、彼は一段と私を大切にして、実はとても彼が好きで、同じく頼むつもりで、だから、慎重に考えた後に、別れていないで、心の中の具合が悪いのが水の中のゴムまりに似ているで、押さえて翻ってきて、安心しにくいです!

私は一部の精神の清潔な癖ではありませんか?やはり他の人はいわゆる男性であることにつきあって訴えますか?自分で今なお見守って、同等に扱いをも得るべきなのではありませんか?…もある、その日の夜に彼の正直な自分が男性につきあうのではない時、また言って、その時もしも事故が起きる良くなった(指のあの女の子の妊娠)、彼が名残惜しがって残念に思いがまだありを意味するのではありませんか?小さいひと言、また私をひとつすっきりしなくならせて、私はこれらを気にしすぎたのではありませんか?

コメントは受け付けていません。