なまりのある甲高い声で視聴者を引き込む

「話すのがうまいとは、自分の想いを伝えられる人のことを言うのだと思います」テレビショッピングでおなじみの、ジャパネットたかた高田明社長。ゼロからのスタートで今の事業を築いた高田社長の、テレビでは聞けない名言集。今回は、「伝え方の心得」をご紹介します。

ジャパネットたかたの高田明社長は、テレビショッピング番組で商品紹介をしているうちに、どんどんテンションが上がっていく。「私は、感動したことを誰かに話さずにはいられないのです」。こう語る高田社長は、台本もなしにしゃべり続け、なまりのある甲高い声で視聴者を引き込む。普通の人にはマネできない名人芸なのかもしれないが、その根底には「この商品の良さをたくさんの人に知ってほしい」という素直な想いがある,消渇丸

高田社長は商品の良いところを自分で確かめて、視聴者の心に一番響くポイントを見つけて、重点的に話すことや見せ方を考える。それがピタッと決まったときには注文数が確実に増えるという。高田社長は生放送中に、90%以上の確率で、どのくらい注文が入るか分かるそうだ,芳香劑

「これは絶対に売れる」と確信できるまで商品を研究し、自分の感動を素直な言葉で語る――。それはテレビショッピングを始める前、小さなカメラ店を経営していた頃から変わらぬ、高田社長の商人としての原点である。以下に、「想いを伝える」ことに関する高田社長の言葉を紹介しよう。
相关的主题文章:

コメントは受け付けていません。