谷垣禎一総裁の判断で原案を修正した

自民党は27日、サンフランシスコ講和条約の発効によって日本が主権を回復して28日で60年を迎えるのに合わせ、憲法改正草案を発表した。現行憲法で不明確な自衛隊の位置付けに関し、9条に「国防軍を保持する」と明記。国旗国歌を尊重する義務を定め、「国旗は日章旗、国歌は君が代」と明示した。

改憲草案は2005年にまとめた案を大幅に改定したもので、保守色を前面に打ち出したのが特徴。草案は衆院選マニフェストに盛り込み、憲法問題でまとまりを欠く民主党との違いを際立たせたい考えだ。

党起草委員会が作った原案では、自衛隊の位置付けを「自衛軍」とし、国旗国歌の名称を明示しなかった。この2点は、意見集約が特に難航したため、谷垣禎一総裁の判断で原案を修正した。国会の一院制の是非も谷垣氏に委ねられたが、原案通り二院制のままとした,精力剤。 
相关的主题文章:

コメントは受け付けていません。