探査機「はやぶさ2」、小惑星に向け3日に軌道変更

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が12月3日、目的地の小惑星リュウグウに向かうため軌道を変更する。地球の引力を利用して大きく方向転換し、加速させるもので、正確な制御技術が問われる。関係者は「重要な通過点」として気を引き締めている。
三便宝 通販
 はやぶさ2は昨年12月に打ち上げられた後、太陽の周囲を一回りして地球に接近中。現在は地球から約200万キロの場所を順調に飛行している。

 軌道変更では地球を追いかけるように接近し、引き寄せられる力を利用して方向を約80度変える。速度も約5%増の秒速31・9キロに加速して勢いをつけ、リュウグウへ向かう計画だ。

 燃料を節約するためエンジンは噴射しない。軌道の計算が正しければ成功する可能性が高いとみており、成否は12月中旬に判明する見通し。地球に最接近するのは3日午後7時7分ごろで、米ハワイ付近の上空3100キロまで近づく。
狼1号
 リュウグウは、小惑星の岩石を地球に持ち帰ることを目指すはやぶさ2が、竜宮城から玉手箱を持ち帰った浦島太郎に似ているとして命名された。津田雄一プロジェクトマネージャは「軌道変更は浦島太郎が亀に乗って海に入る段階。必ず成功させたい」と話す。

 はやぶさ2は、平成22年に小惑星の岩石を世界で初めて持ち帰った探査機「はやぶさ」の後継機。地球から最遠で約3億キロ離れたリュウグウに30年に到着し、32年の帰還を目指す。

コメントは受け付けていません。