ホスピタリティに応じる成長

他にもあった。
狼一号
彼はホスピタリティに溢れた人で
エスコートが自然。

前の自分なら
それを気の毒に思っていたと思う。
申し訳なく思ってた。

だけど彼は自分が気になることをクリアしてるだけで
気を使っていることはなくて。
催情薬
素直にそれに応じれば
それが一番いい人みたいで。

前ならこういう時
申し訳ないなと無駄な感情が芽生えてきていたなと感じた。

それがなくなったことは
いいことだよなぁ・・・

男の人は、自分が相手に満足させていると思うことが嬉しくて
それを感じさせてあげたら、幸せ感じるのだ。

そうなのに
それをしてなかったというのは
顧客の求めに応じてなかったということ・・・。
反省からの成長への気づき。

大人になってるね。
巨根カプセル

コメントは受け付けていません。