安野モヨコ「美人画報」がメルマガで復活!新タイトルは「微沈画報」

安野モヨコ「美人画報」シリーズの新作「微沈画報」の連載が、4月26日20時に配信されるメールマガジンにてスタートする。新タイトルの読み方は旧作と同様「ビジンガホウ」。

「美人画報」は安野が自ら実践したメイクやダイエットの紹介、美に対する考察などがマンガ形式で描かれた美容エッセイ。1998年から2003年までVoCE(講談社)にて連載され、単行本は「美人画報」「美人画報ハイパー」「美人画報ワンダー」の3冊が上梓された。加筆修正された文庫版も刊行されている。

不定期で連載される「微沈画報」1回目では、タイトルの意味が明かされる予定。安野モヨコの公式メールマガジンは特設サイトから登録できる。会費は無料。

三菱電機、5G基地局向けアンテナの試作機を開発 – Nokiaと共同でデモ実施へ

三菱電機は4月8日、第5世代移動通信方式(5G)基地局向けの技術検証として多素子アクティブ?フェーズド,
中絶薬?アレイ?アンテナ(APAA)の試作機を開発したと発表した。

5Gでは急増する無線トラフィックに対応するため、周波数利用効率を高める必要がある。その実現に向けてカギとなる技術の1つと考えられているのが、多素子アンテナを用いて複数のビームを形成,
精力剤通販?多重化し、空間の利用効率を高めるマルチビームフォーミング技術である。

同試作機は、多素子アンテナを用いた4つのビームによる空間多重を実現したほか、垂直?水平方向の2次元ビーム走査が可能となっている。周波数帯は現在のセルラー移動通信の上限である3.5GHz帯を使用している。

なお、同日よりニューヨークで開催される「Brooklyn 5G Summit」においてNokia Networksと共同で同試作機を用いたマルチビームフォーミング技術のデモを実施し、4ビームの特性を確認するとしている。

リオティントアルキャン会社やを閉鎖を迫られてあるニュージーランドの蔕瓦伊角製錬所

商売

社06月20日ニュース

グローバルアルミニウム不況の情勢を強制的にリオティントアルキャン会社に閉鎖ニュージーランド価値は、5億ドル以上の蔕瓦伊角製錬所.

この製錬所はアルミニウム大手リオティント太平洋コアのグループの一部.リオティントアルキャン会社は非常に売却,精力剤通販.これは長い時間放置.

低迷、電力が高騰してしかも蔕瓦伊角は依然としてとエネルギー供給- Meridian会談.このすべて馴染みの兆候は、すべてはままならず、製錬所の800人の従業員が失業の危険.

という、太平洋のアルミニウムのCOO赖恩?キューブはスタッフ一同頑張って運行効率を高め、社员の仕事.

ニュージーランドのリオティントアルキャン工場所有工場79%の株式は、減額する以外に、その運営の税引前損失は9150万ドル,潤滑剤.この工場はのため閉鎖は過ごすリオティントアルキャン会社が4億ドル.

昨年リオティントCEOの離職は、同社が世界のアルミニウムと石炭資産大量損の直接の原因.

(文章来源:グローバル金属網)

相关的主题文章: